やり方

医療脱毛なら産毛にも効果的?!産毛脱毛のリスクなどについて

医療脱毛でも産毛には効果がないって本当ですか?
misaki
misaki
安心して大丈夫よ。医療脱毛は産毛にも効果があるからね。
naoko
naoko
でも良く産毛は無くならないとか、逆に脱毛で濃くなったって聞きますけど…
misaki
misaki
確かにリスクもあるけど、それはレーザー脱毛を途中で止めてしまう場合などだから心配はないわ。
naoko
naoko
じゃあ、しっかりと施術を受ければ産毛も脱毛できるんですね?
misaki
misaki
もちろん。だから安心して産毛の脱毛が出来るように、医療脱毛と産毛の関係やリスクについて解説するわね。
naoko
naoko

産毛は色が薄いから脱毛効果が出にくいだけ

医療脱毛は産毛に効果が無いなどと言われることもありますが、あくまでも効果を実感しにくいだけです。
それは医療脱毛で照射するレーザーが、毛根などの黒いメラニンに反応する波長になっているから。
産毛の色はどうしても薄いため、他の濃い毛と同じような設定でレーザーを照射しても効果が少ないのが勘違いする原因なんです。

メラニンに反応する方法は脱毛サロンのフラッシュ脱毛器も同じなので、脱毛クリニックだけ効果が実感しにくい訳ではありません。
脱毛サロンの場合は照射する光の出力がレーザー脱毛器よりも弱い為、もっと効果を実感しにくいことになるだけ。
産毛はメラニンの色が薄いために、医療脱毛や美容脱毛の効果が出にくい毛質になります。
でも全く効果が出ないわけではないので、安心してください。
しっかりと産毛用の設定で脱毛器を使えば、手や顔、背中などの気になる産毛はしっかりと脱毛できます。

黒い毛ほどレーザー脱毛器の効果が高くなるから、実感しにくいだけで産毛の脱毛も出来るからね。
naoko
naoko
それなら安心して全身脱毛が選べますよ。
misaki
misaki
でも中途半端な施術で終わりにすると、産毛が濃くなったり増えるリスクもあるから注意してね。
naoko
naoko

医療脱毛なら産毛脱毛のリスクを減らすことも出来る

産毛はメラニンが少なく色が薄いため、医療脱毛のレーザー脱毛器でも効果が出にくい毛質になります。
その結果、レーザーを照射したものの、しっかりと脱毛できないまま残ってしまう産毛が出てくるのが問題。
この残った産毛はレーザーによる刺激によって、脱毛できないどころか濃くなったり毛が増える事態になることも。
こういった現象は硬毛化や増毛化と呼ばれていて、産毛を脱毛する際のリスクになります。

ただし、あくまでもメラニンが少ないから普通に照射した場合に効果が出にくいだけ。
施術時に産毛の部分は出力を上げるなどの対応をすれば、硬毛化などの産毛を脱毛する際のリスクは減らせます。
だから脱毛器の出力が強く出来ない脱毛サロンだと、硬毛化や増毛化のリスクが減らしにくいので注意すること。
医療脱毛ならば出力の強いレーザー脱毛器が使えますし、施術そのものを素人では無く看護師などの資格を持った人が行うから設定変更も安心。
強い出力による痛みなどの不安解消については以下のページにて詳しく説明しています。
医療脱毛なら麻酔があるから安心して脱毛ができる
産毛の脱毛には硬毛化などのリスクがあるので、利用するなら出力が高いレーザー脱毛器の医療脱毛がおすすめです。

もちろん出力を上げても、ワキなど他の部分と同じ施術回数だと効果が劣ることもあります。
それなのに追加の施術を受けずに終了してしまうと、産毛が濃くなったりすることに。
色が薄かった産毛が濃くなったのでは逆効果なので、状況を見てあなたが満足出来るまで施術回数を増やすことも大切です。
もし産毛の色が通っている途中で濃くなったとしても、それはメラニンが増えて脱毛効果が出やすくなっているとも言えますね。
だから一時的に硬毛化などが起こっても、施術を続ければ脱毛が出来るので安心してください。

医療脱毛ならレーザーの出力が強く出来るから、産毛に対しても効果のある施術が出来るのよ。
naoko
naoko
脱毛サロンの弱い光脱毛器とは違って、産毛には医療脱毛の方が安心ですね。
misaki
misaki
もちろん脱毛効果には個人差があるから、自分で納得するまで続けて途中で止めないことが大切よ。
naoko
naoko
分かりました。中途半端に施術を受けると、逆効果になることもあるんですね。
misaki
misaki

効率的な医療脱毛には複数のレーザー脱毛器

産毛の脱毛は脱毛クリニックの医療脱毛を選ぶことで、脱毛サロンとは違って効果的な施術が可能になるから安心です。
早く終わる脱毛については以下のページにて詳しく説明しています。
早く終わる脱毛方法を選ぶ際のポイント
でももっと効率的な脱毛をしたいなら、複数のレーザー脱毛器を使い分ける脱毛クリニックがおすすめ。
濃い毛と違って産毛は本数も多いから、範囲内をまとめて照射できるレーザー脱毛器だと短時間で施術が出来ます。
だからといって濃い毛までまとめて脱毛すると、出力が強いから痛みが我慢できない可能性が。
毛質に関係なくどこでも同じ脱毛器を使うよりも、濃い毛は少しずつ施術して貰える方が安心できますね。

産毛などに向いている脱毛器と濃い毛や硬い毛に向いている脱毛器を使い分ければ、短時間で施術もできるし痛みなどの心配も無くなります。
例えば脱毛クリニックのルシアクリニックには、産毛には肌にも優しい「ベクタス」という機種が用意されているのが特徴。
ルシアクリニックについては以下のページにて詳しく説明しています。
本気で脱毛したいならルシアクリニックを選ぶべき理由
そして太い毛や硬い毛質については「ジェントルレーズプロ」という機種があるので、効果的かつ効率的な施術ができるからおすすめです。

毛質はもちろん肌質によっても脱毛器を使い分けるため、アトピーや敏感肌などで悩んでいるあなたも産毛の脱毛ができるから便利。
産毛はメラニンが少ないから、医療脱毛でも毛質に合わせた対応が必要になります。
その為、ルシアクリニックで医療脱毛をすれば、安心して満足出来る脱毛効果が得られるからおすすめです。

医療脱毛なら産毛の脱毛が効果的にできるけど、脱毛器を他の毛質と使い分けた方が効率的よね。
naoko
naoko
なるほど。ルシアクリニックなら産毛の脱毛も安心してできますし、効率的なんですね。
misaki
misaki
ルシアクリニック